【Eclipse】テキスト・ファイル・エンコードでShift-JISを指定する方法

Eclipseでソースファイルを開く際の文字エンコードを「Shift-JIS」にしたいけど「Shift-JIS」が存在しない。

EclipseでShift-JISを指定する方法を紹介します。

EclipseでShift-JISを指定する

1各プロジェクトのプロパティを開く

各プロジェクトからプロパティを表示します。もちろん初期状態は「Shift-JIS」が存在しません。

2「Shift-JIS」と手入力する

セレクトボックスになっているため手入力ができないと思いがちですが、手入力ができます。

手入力で「Shift-JIS」もしくは「sjis」と入力します。

2「適用して閉じる」で完了

手入力が完了したら「適用して閉じる」で設定を適用して完了です。

最後に

意外とビックリな「Shift-JIS」指定方法でした。

一回手入力すると、次回からはリストに表示されているので、この作業は初回のみおこなえばOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です