沖縄IT移住フェス!@渋谷に行ってきました

11月25日(土)に渋谷のフォーラムエイト(貸しスペース)で沖縄県が主催している「沖縄IT移住フェス!@渋谷」があったので参加してきました。

もともと沖縄移住に興味があり、「沖縄 移住 IT」とかで検索したら沖縄IT移住フェスが定期的に開かれていることを知り、今回応募してみてきました。

数年前から沖縄県ではIT会社の誘致を力入れているらしく、沖縄移住を計画しているITエンジニアさんをこういったイベントを通して企業とマッチングしているみたいです。

今では437社、3万人弱の雇用を作っているみたいです。

意外とたくさんの方が参加している

公式Twitterからお借りしましたm(__)m

まず言ってびっくりしたのが、たくさんの移住を考えているエンジニアさんがいるということです。

写真を撮りたかったのですが、撮り忘れました。←そもそも記事にしないつもりだったのでw

なので、公式サイトからお借りしてきました。

参加人数ですが、100~200人くらいはいたんじゃないでしょうか?出入りが自由ということもあれ、「沖縄IT企業の社長が語る」インタビューを聞いて帰る人もいたし、終わった後から来た方もたくさんいました。

会場真ん中には、沖縄の特産やお酒が置いてありました。けっこう飲んでた人いたけど、島の人なのかな?!

公式Twitterからお借りしましたm(__)m

参加して思ったこと

今回、参加企業は33社でした。全部回りたかったのですが、色々話を聞いているうちにあっという間に時間が来てしまい、5社ほどしか回れなかったです。

そのなかで、思ったことがいくつかあります。

沖縄での仕事について

ほとんどが県外からの仕事を受注だったり、ニアショア開発などでした。

なので沖縄で上流工程の仕事はほとんどないんじゃないかと思われます。仮にあったとしても、関東や関西などに出張が定期的にあるようです。

給料について

沖縄支社として展開している企業さんは、関東との給与体系に合すといった努力をされている企業さんもいましたが、経験5年の人で20~35万が多い印象でした。

ちゅらデータさんだけは、「沖縄電力の給与より高くもらえる」といった話がありましたが、実際どうかはわかりません。

副業について

沖縄では、給料が全国より低いため副業をOKしている企業がほとんどのようです。仕事終わって、夜飲食店でバイトしたり親戚や友達の仕事を手伝ったりは普通のようです。

沖縄の環境について

沖縄の環境についていくつか紹介されていました。

1年を通して気温が高い

南の島ということもあり、年間平均気温は22.7℃と年中暖かいそうです。真冬でも10℃を切らないようですが、風が強いこともあって体感温度は下がるようです。

満員電車にならない

そもそも電車が無いみたいです。沖縄は車社会ということもあり渋滞が毎日起こるらしいです。(笑)

花粉症に悩まされない

沖縄には、花粉症のもとになっている杉の木が生えていないため花粉症にならないそうです。

まとめ

沖縄でのIT分野は、沖縄県自体が力を入れてることもあって今後急速に発展していくと思われます。

沖縄IT移住フェスは全国の主要都市で開かれているので、沖縄移住を検討されている方は一度参加してみると、相談コーナーもあったり沖縄事情が詳しく知ることができます。

ですが、フェスを通していざ移住となると、ちょっといろいろハードルが高かったところがいくつかあって、私の場合しばらく考えようと思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です